2018年8月2日

猛暑の中、今年もインターハイが始まりました。全国の高校生の頂点を目指し、頑張ってほしいと思います。当院でケアーをしている選手も数名出場します!結果報告が楽しみです。夏の甲子園大会も始まります。熱中症も心配ですが、長崎県代表チームの活躍を期待します。



2018年1月18日

 早いもので、1月も中旬になりました。今年はドイツで新年を迎えた為か、頭の切り替えがなかなかできず昨年のまま時間だけが経過している感じです。子供のころお世話になったホームステイ先の方が昨年亡くなってしまい、お墓参りを兼ねて年末から約1週間ミュンヘン、フランクフルト、デュッセルドルフ、ケルンなどに行ってきました。久しぶりのドイツでの大晦日や元旦を迎え、日本とは異なる習慣や食生活を思い出しました。
 
 大晦日は、お世話になっていたドイツ人の家族と4時間もかけての夕食に、なんとカナディアン・バイソンのステーキが出てきたので驚きました。初めてのバイソンステーキの味や食感は、我々が普段食している牛肉とは全く違うものでした。帰国前日に招待した日本食レストランで食べた和牛がさらにおいしく感じたように思います。あらためて、日本食のクオリティの高さを感じました。
 また、日本食の代名詞でもある「寿司」は、ドイツでも大変な人気です。しかし、近所のスーパーで売られていたテイクアウト用のマグロ寿司が、実はカツオ寿司だったことに大変驚きました! 
 
 今回は恩人のお墓参りが一番の目的でしたが、もう一つの目的は現在多くの日本人プレーヤーも所属するサッカーのブンデスリーガの施設やジュニア選手、トレーナーとの交流もそのひとつでした。
 昨年新しくなったボルシアMGのスタジアムは衝撃でした! なんと、そのサッカー場は地下50メートル下にグラウンドが作ってあり、6万人収容で立見席が2500席、、日本ではありえない発想です。ちなみに、昨シーズンの試合チケットは全試合完売だったそうです。警察犬と警察が見守る中での試合も多く、日本のプロ野球やJリーグの試合の様子とは全く違う光景です。サッカーの試合を見るのも暴動覚悟の命がけです。特に外国人も多く住むドイツの現状では、以前よりも激しくしくなっていると聞きました。
 日本人のマナーの良いことは、世界でも称賛されています。昨年のプロ野球日本シリーズの動画を見せてみたところ、「なんでみんな椅子に座っているのか?」と真面目に質問されました! 椅子は座るものですよね~??

 また今回は、世界でも珍しい速度無制限(一部規制有り)の高速道路であるアウトバーンを走る為に、国際免許も取得していきました。ホームステイ先で念願のポルシェカレラを貸していただき、真冬のアウトバーンを時速200キロで疾走してきました!! にもかかわらず、後方からのパッシングを受け追い抜かれてしまいましたが・・・。 勿論、日本とは反対の右側通行なので違和感はあります。ちなみに、アウトバーンはどこまで行っても無料です。
 また、デュッセルドルフにある母校の日本人学校(JISD)も訪問し、とても懐かしい時間も過ごせました。

 今回のドイツ訪問では、改めて習慣の違いや文化の違いを感じました。しかし、他人をお思いやる気持ちや、人として大切なことはドイツでも同じなんだと再確認できたことが一番の収穫でした。

 今年も健康に気をつけながら、頑張っていこうと考えています。



2017年9月12日

暑さも少しずつ和らいできました。とはいっても、日中の暑さはまだまだという所でしょうか?
 
 先月末、北朝鮮のミサイルと共に筑波まで行ってきましたが、新幹線も飛行機もその影響を受け、大迷惑な初日でした。
 おまけに、大会2日目は台風の接近に伴う風雨も強まり、気温も20℃を下回りまさかこんなに寒くなるとは予想もつかず、半袖シャツで寒さとも戦いながら、九州が恋しいな~と思いました。帰りの飛行機が欠航しなかったのがせめてもの救いでしたが・・・。

 筑波から高速に乗り、東京スカイツリーの横を通り、ライトアップされたレインボーブリッジからキラキラと輝くお台場を抜け、羽田に向かう車のハンドルを握りながら、東京に住んでいたころを思い出し、やはり東京はすごい!と改めて感じました。
 
 話は戻りますが、我々が宿泊していたホテルに女子バスケットボールU-16の日本代表選手も宿泊していました。幼さが残る顔にJAPANの文字
が誇らしく見えました。この中から、将来のオリンピック選手も誕生するんだろうな~と思うと、頑張ってね!!と心の中で背中にエールを送りました。



2017年6月29日

 今年も無事に終わりました! いろいろなドラマも生まれました。選手の皆さんも、応援したご家族の方もお疲れの事でしょう。私も選手の皆さんの期待を裏切らないように、心からのサポートができたと思っています。
 結果はそれぞれだと思いますが、これから先の大会や目標に向かって自分なりの努力を続けていってほしいと思います。若い皆さんの活躍に期待すると共に、これからも応援していきたいと思います。
 人生はこれからです。良かったことも悪かったことも決して無駄ではありません。きっといつの日か役に立つことと思います。前を向いて進もう!!



2017年5月15日

 患者さんにはご迷惑をお掛けしましたが、神戸まで大会に帯同し行ってきました。長崎県代表3選手は全員予選通過し、全国大会への切符を手にしました。全国でも上位進出を期待しています!!

 帰りの新幹線が広島駅に到着しホームを見ると、広島カープのユニフォームを着たファンの方たちがたくさん目に飛び込んできました。
確か今日の試合は雨で中止になっていたはず・・・もしかすると、試合は中止でもこんな時間までどこかで盛り上がっていたのでしょうか???
今年の広島カープも厚いファンの声援に後押しされ、昨年と同じように勝ち進むかもしれませんね!

今村投手もリリーフピッチャーとして大活躍しています!今年も最後まで頑張ってほしいと思います!!
頑張れ、今村 猛。



2017年4月20日

 本年度も大学での講義が始まりました。スポーツ医学の中の外傷・障害の項目を担当していますので日頃の仕事の延長になりますが、学生の皆さんが退屈しないように動画や写真を多く取り入れて工夫しているつもりです。眠くなってしまうのは、講義をするこちら側にも半分は責任があるのかもしれない・・・などと考えてしまう今日この頃です。
 今年の学生さんは、いつもの年の学生さんよりやる気があると感じています。学生なので、勉強するのが当たり前だとは思いますが、自分の学生時代を思うと運動との両立はなかなか大変であったように思います。
 
対象の学生さんは殆どが運動部に所属しており、大会や合宿などもあり時間的な制約もあると思います。

 初心を忘れることなく、目標に向かって頑張って欲しいと思います。少ない時間ではありますが、せっかくの機会なので少しでも学生の印象に残り、将来役に立つ講義を目指します!



2017年1月7日

 新しい年がスタートしました。ここ九州は暖かいお正月でしたが、皆さんの地域ではどのようなお正月だったのでしょうか?
この一年が、皆様にとって素晴らしい一年になるようお祈りいたします。本年も宜しくお願い致します!



2016年11月5日

 本日、広島では25年ぶりのリーグ優勝を果たしたプロ野球広島東洋カープ球団の優勝パレードが行われました。沿道は、約31万人のファンで埋め尽くされたという事です。日本で、一球団の優勝パレードにこれだけの人が訪れることは、きわめて稀な事だと思います。その魅力はどこにあるのでしょう??その答えは、日本シリーズ最終戦を見に行った事で、答えがわかったような気がします。

 10月29日(土)広島スタジアム、プロ野球日本シリーズ広島東洋カープ対日本ハムファイターズ第6戦、午後6時30分の試合開始に少し遅れてスタジアム入りした私は、今までに経験したことのない様な異様な雰囲気を感じました。これまで見てきた日本シリーズとは明らかに違う熱気と応援の凄さでした。座席に座ったら軽く夕食でも取りながら見物しようと考えていた私は、その応援の熱気に食事など出来るような状態ではないと感じました。周りを見渡しても、そうゆう人は見当たりませんでした。
 選手のプレーも一流でしたが、スタンドの応援も私の中では、過去最高のものでした。約3万人のカープファンから伝わる球団や選手への思い。スタジアムの外でも必死に応援する姿に感動をおぼえました。あれだけの数の人間がどうしてここまで一つになれるのか?まるで前日にリハーサルでも行ったのではないかと感じるほどの応援でした。シーズン中の応援は、この日本シリーズの為の予行練習だったのかもしれません。本当に選手のことを思い、必死に応援し、涙する姿に感動しました。

 もう一つ、驚いたことがあります。それは選手や審判に対してのヤジが飛ばないことでした。少なくとも私の周りからは、一度もヤジを言った人はいませんでした。それどころか、エラーや三振した選手、ピンチに追い込まれたピッチャーに対し「頑張れ!」「気にするな」「あと一人だぞ!」などと、選手を励ます言葉が聞こえてきました。他の球団であればヤジが聞こえてきてもおかしくないような場面でも、広島のファンは選手を応援するんだと熱くなるものを感じました。
 試合の終盤に点差が開き、あきらめムードになっても帰ることなく声援を送り続け、表彰式では優勝した日本ハムの選手に「おめでとう!」と拍手ができるカープファンの暖かさや人を思いやる心、そして最後まで諦めない気持ちを改めて教えて頂いたような気がします。
 この気持ちこそがカープの強さであり、今季引退を決めた黒田投手にも伝わっていたのだと思います。そして、その気持ちに答えてくれた黒田投手の男気にファンは魅了されたのでしょう!その結果として、あの応援と今日の31万人のパレードに繋がったのではないでしょうか!

 残念ながら優勝は逃しましたが、暖かい応援とカープスピリッツを感じた私は、ハンドルを握りながら何故かさわやかな気持ちになっている自分が不思議でした。素晴らしいプレーと世界一のカープファンに感動を頂き、感謝の気持ちで一杯です。

 個人的には、一番の目的であった今村選手の投球も見れて良かったのですが、あの晴れ舞台で投げる姿をもう一度見たかったな~と・・・・。そして、野球というスポーツの難しさと、一球の怖さを痛感しました。

 P.S スタンドに沢山いるはずの酔っぱらいオジサンの姿も、あの日はほとんど見かけませんでした。これなら応援に来てるカープ女子やお子さんも安心ですよね。応援する側にとっては、これも一つの魅力ですよね。



2016年10月27日

 北海度日本ハムのサヨナラ勝ちとホームラン攻勢で2勝2敗の接戦になりました! 興業的には申し分ない結果なのでしょうが、野球好きなファンにとってはハラハラドキドキの毎日です。栗山監督の言葉にもありましたが「北海道での2試合は、しびれる試合でした」

 広島東洋カープの中継ぎ投手、今村 猛(たける)投手は当院のある佐世保市出身です。昨日まで4日連続の登板で、無失点です。現在3連続中継ぎ成功で(ホールド)大会タイ記録です。中学、高校と関わっていた事もあり、まるで自分の事のように嬉しく感じます。本当に素晴らしい投手に成長したと思います。当院の患者さんも、みんな応援して頂いている様で、このまま良い結果が出ることを願っています。

 もう一つ、広島の黒田博樹投手が今季限りで引退します。あまり知られていませんが、黒田投手のお父さんも元プロ野球選手(南海ホークス)でした。しかも、佐世保商業高校出身です。あの黒田投手の体にも佐世保の血が流れていると思うと、応援せずにはいられません! 試合が第7戦までになった時は、黒田投手のピッチングをもう一度見ることが出来るかもしれません。ちなみに、お母さんも東京オリンピックの砲丸投げの候補選手だったそうです。それを考えると、やはりご両親のDNAはしっかり受け継がれているんですね。

 今夜の試合に勝ったほうが王手です!! 恐るべし日本ハムの大谷・中田・レアード! 今まで野球をあまり見たことがなかった人も、少し興味を持ってテレビ観戦してみはいかがでしょうか?



2016年7月27日

 猛暑の中、大分県で開催される中高の九州大会に出発します。患者さんには、お休みしてご迷惑をお掛けします。。。。2日間、申し訳ありません。

 最近は熱中症対策も進歩し、選手の皆さんは十分注意していますが、応援に行っている保護者の皆さんが搬送されるケースが増えているそうです!!

 数年前に熱中症で救急搬送された学生は、選手ではなくマネージャーさんでした。後日、理由を聞いてみると大会前夜は選手のゼッケン付けなどによる睡眠不足。当日の朝も忙しく、朝食抜き。さらに自分が飲み物を飲んでしまったら、選手の分が足りなくなてしまうかもしれない・・。そんなまじめな子供さんでした。

 このように、運動をしている選手だけではなく、周りの人も気を付ける必要があります。私も、自分の体調管理にも気を付けて、サポートしてきたいと思います!