2016年7月27日

 猛暑の中、大分県で開催される中高の九州大会に出発します。患者さんには、お休みしてご迷惑をお掛けします。。。。2日間、申し訳ありません。

 最近は熱中症対策も進歩し、選手の皆さんは十分注意していますが、応援に行っている保護者の皆さんが搬送されるケースが増えているそうです!!

 数年前に熱中症で救急搬送された学生は、選手ではなくマネージャーさんでした。後日、理由を聞いてみると大会前夜は選手のゼッケン付けなどによる睡眠不足。当日の朝も忙しく、朝食抜き。さらに自分が飲み物を飲んでしまったら、選手の分が足りなくなてしまうかもしれない・・。そんなまじめな子供さんでした。

 このように、運動をしている選手だけではなく、周りの人も気を付ける必要があります。私も、自分の体調管理にも気を付けて、サポートしてきたいと思います!



2016年7月15日

 いよいよ、各県においても夏の甲子園予選も始まり、夏本番を迎えます。気温の上昇も激しくなり、スポーツ選手にとってはコンディショニングが難しく暑さ対策も重要な課題になります。
最近は、水分補給についての情報も一般化し、以前のような「練習中には水を飲むな!!」などという常識は、非常識になりました。昔式の練習をしているチームでも、さすがに水分補給をさせない指導者はいなくなったと信じたいものです。
 
 しかし、水分補給も水を飲んでいれば大丈夫!という事でもなく、スポーツの種類や競技時間によっても体に必要な栄養素は変わってきます。水分補給のタイミングや内容はパフォーマンスにも大きな影響を与えます。専門的にはなかなか難しい分野ではありますが、瞬発系のスポーツと持久系のスポーツ。練習や試合時間に合わせた水分補給のタイミングなどいろいろありますよね。例えば、ポカリスエットとアクエリアスはどっちが合っているのか?最近よくコンビニや薬局で目にするエナジードリンクはどうなのか?ハイレベルなアスリートになると、ドーピング検査等の問題も出てきます。
 
 アスリートに限らず、健康維持や趣味の範囲でスポーツに取り組む方も無理をせずに取り組んでいきましょう。1時間以内の運動は水やお茶による水分補給でも大丈夫と言われていますが、それ以上の長い時間になると水だけでは危険になってきます。そうなると市販のスポーツドリンクなどが必要になってくると思います。家庭で作れる飲み物としては、はちみつをお湯で溶いてレモンを搾って冷やしておけば、糖分やクエン酸の補給もできますので、お勧めです。

 睡眠時間をしっかり取って、熱中症にならないように気を付けましょう!



2016年6月21日

 今年も、県高校総体・市中体連が無事終わりました。選手のみなさん、先生方、そして保護者の皆さんもお疲れさまでした。選手一人一人の、目指すところは違うと思いますが、それぞれの目標に向かって頑張っているわが子の姿に涙したご両親も多かったのではないでしょうか?
 子供の成長はあっという間です。応援に行って、大声で「頑張れ~!」「走れ~!!」と叫ぶのも短い間です。今年の応援で不完全燃焼だったお父さん・お母さん、来年の大会やこれから先の県大会、九州大会、全国大会では思いっきり応援して下さい!!
 先日の事ですが、治療が終わったご年配の方が、「私が応援に行くと、孫や子供が嫌がるからこっそり見ています」という、ちょっと寂しい話を聞きました..。今まで子育てに協力してきたお爺ちゃん・お婆ちゃんも遠慮せず、是非応援に出かけて大声で声援を送って欲しいと思います。
 ご家族の皆さんも、機会があれば次回は是非、お爺ちゃんやお婆ちゃんも誘ってみてはいかがですか??「本当は行ってみたかった!」と喜んでもらえるかもしれませんね。
 選手の皆さんも疲労が蓄積している事でしょう。次の大会に進む選手の方は、体調管理に気を付けて欲しいと思います。そう言う私自身も今年の大会期間中は移動も多く、疲労が蓄積していまーす。



2016年5月20日

 いよいよ、高校総体・中体連が間近に迫ってきました。選手の皆さんは、これまで頑張ってきた練習の成果を発揮できるように、心と体の準備に取り掛かっていることと思います。
 ここ数日は気温も上がり、これからは体調管理も重要ですね!無理な追い込み練習をして、大会当日に疲労がピークではパフォーマンスは低下します。せっかくの努力も悔いを残すことになりかねません。
 練習は、勿論重要で大切ですが疲労の蓄積はケガの誘発にも繋がります。ケガをしたままではいい結果を出すことも難しくなってきます。休養も練習のひとつと考え、自分の試合日程から逆算し、コンディションを整えられるような選手になってほしいと思います。
 私自身も、選手の皆さんの力になれるようコンディションを整えていこうと考えています。治療する側の人間が、体調不良では困りますよね!

 先週末から神戸遠征に行きました。行き帰りの新幹線の中で熊本へ救援活動に派遣された方々を見かけました。本当に頭が下がる思いで、心から感謝の気持ちをお伝えすると共に、一日も早い被災地の復旧を願いたいと思います。



2016年2月9日

 プロ野球界は悲しいニュースの報道に揺れていますが、現役の選手達は今シーズンの開幕に向け各地のキャンプで汗を流しています。

 スポーツニュース等で、頑張っている若い選手を見て、日本のプロ野球界の将来を案じる自分と、素晴らしい選手のプレーにホット胸をなで下ろしている自分がいます。
 
ここ数年、野球人口は減少傾向にあります。残念ですがサッカーのルールは知っているが、野球のルールは知らない子供達も沢山います。現在、日本サッカー界は海外で活躍する選手も多くなり、劇的な逆転勝ちでオリンピック出場も決め盛り上がっています。今後は、益々競技人口が増加していく事でしょう。私自身もサッカー経験者であり、もっと強くなって欲しいし、大好きなスポーツのひとつではあります。
 しかし、日本野球界には長い歴史と文化があります。どうかこのまま国民的スポーツのまま、ずっと注目される存在であり続けてほしいと願っています。

 少年時代、甲子園に釘付けにしてくれた・・・・あの名選手の逆転ホームラン!! 是非、もう一度見せてほしいと願うばかりです。おじさんにとっては、スーパースターのままなのですから。

 久しぶりにキャンプの見学に行ってみようかな~~。



2016年1月18日

 遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!! 年始から何かと忙しく、初詣もやっと昨日行ってきました。一説によると初詣は節分まで大丈夫との事なので、まあ有効期限内ということになりますね。皆さんはもう終わりましたか??節分までに・・と思っていると気が緩み忘れてしまいそうな感じもありますので、来年はもう少し早めに行きたいと思います。
 
 年末から年始にかけて、スポーツ界の話題は高校スポーツが多くなります。サッカー・ラグビー・バレーボール・駅伝と全国の高校生アスリートの晴れ舞台です。純粋に勝ちたい気持ちだけで頑張る高校生のすがすがしさや、純粋さに心を打たれます。
 
 そんな中、昨日京都で行われた全国都道府県対抗女子駅伝中学生区間を走った当院の患者さんがいます。出発前に右足の違和感を訴えていたので少し心配していましたが、区間4位の素晴らしい走りでした。性格も明るく、笑顔が素敵でしっかりした中学生なので、今後の成長がとても楽しみな選手だと思っています。高校・大学とアスリートを目指し、頑張って欲しいと思います。ちなみに、長崎県代表チームの順位は全体で8位の入賞でした!!大健闘だったと思います。
 
 九州地方は、明日から寒さが本格化する予報です。ここ長崎県も雪の予報が出ています。雪道での転倒も危険です。また、インフルエンザの流行も伝えられていますので、健康管理にも気を付けましょう。特に、受験生の学生さんは最大限の注意が必要ですね。スポーツも勉強も「努力は自分を裏切らない」と信じ、良い結果を期待しましょう。
 
 最後になりましたが、今年もより良い治療を目指し頑張ります。



2015年12月22日

 もうすぐクリスマスがやってきます。しかし、ホワイト・クリスマスには程遠い気温です。今日明日の予想最高気温は17℃・・・・。過ごしやすいのは有り難い事ですが、温暖化に伴う気候の変化も気になります。
 子供たちにとっては待ちに待ったクリスマス。「良い子にしないとサンタさんは来ないよ!」と言われ、プレゼントを楽しみに待っている事でしょう。皆さんの所にはサンタさんはやってきますか???明日以降は雨の予想。サンタさん、雪がなくても上手にソリを滑らせてやって来てくれるでしょうか??
 今年も残り少なくなってきました。今年は良い年だったという人も、そうでなかったという人にとっても、来年が良い1年になりますように・・・。



2015年10月9日

 好天に恵まれ、忙しかった和歌山国体遠征も終わりました。選手の皆さんは勿論ですが、スタッフの皆さんもお疲れの事と思います。福岡空港に車を置いて、大阪伊丹空港まで1時間。あっという間に着きました。今更ですが、車で行くと7~8時間かかりますが、飛行機は本当に早いものです。
 2日間の競技を終え、帰りは関西国際空港から福岡までのフライトでした。今回、初めて関空を利用しましたが、大変きれいな空港で快適でした。出発ロビーで福岡県の国体チームが記念撮影をしようとしていたので、おっせっかいな私は全員が写真に納まれるようにシャッターを押してあげました。皆さんの気持ち良いお礼のあいさつに、疲れた体が少し元気になったような気がしました。
 昨年の長崎国体は、お・も・て・な・しをする側でしたが、今年は和歌山の方々に歓迎して頂き、気持ちよく終わることができたように感じます。有難うございました。来年の国体は、岩手県ですね・・・・・。



2015年9月15日

 テレサ・ルー選手の優勝で幕を閉じた、日本女子プロゴルフ選手権(パサージュ琴海)最終日の観戦に行ってきました。前日、爆発的なスコアーでトップに立った上田桃子選手は、惜しくも2打差の2位に終わり、残念な結果でした。とは言え、日本選手権での2位ですから立派な成績だと思います。しかし、彼女は今季まだ優勝がないので、かなり優勝を意識していた事と思います。
 次の日のインターネット上に、「上田桃子、前代未聞の未勝利で賞金1億円超えペース!」という皮肉とも取れる記事が出ていました。この記事を読んだ時、4日間の激闘を終え、疲労もピークに足しているであろう体で、サインを待っているファンの為に、目を真っ赤にしながらクラブハウスの外まで出てきてくれた彼女の姿を思い出し、残りの試合で必ず勝って、この記事を投稿した記者の予想を覆して欲しいと思いました。
 勿論、ファンサービスも仕事のひとつではありますが、他の選手は帰ってしまったなか、上田選手の心中を察すると、ぎりぎりの対応だったに違いありません。残念ながら試合では負けてしまいましたが、ファンを思う心は上田選手が1位だったのではないでしょうか。
 ちなみに、待ち続けるファンの為に約1時間後、マスコミの取材の後に出てきてくれた選手が、もう一人いました。それは、優勝したテレサ・ルー選手でした。待ち続けたファンは祝福と感謝の気持ちを胸に帰路につく事が出来たでしょう。
 厳しい勝負の世界で活躍していく為に必要なものは、技術や経験だけではなく人間的な部分も大切だということを、あらためて教えて頂いた様な気がします。これからの上田桃子選手の活躍を楽しみにしています。



2015年8月25日

今年も、夏の甲子園大会が終わりました。毎年の事ですが、素晴らしいプレーの連続に、高校球児のレベルの高さに驚きます。結果は、東海大相模の優勝という形で幕を閉じましたが、優勝校インタビューを聞いて複雑な気持ちになったのは、私だけだったのでしょうか・・・・・「楽しいと思った試合は、ひとつもありませんでした。苦しかった事しか残っていない・・・」
 日本一になる為には、大変な努力が必要で難しい事とは理解はしていますが、少し寂しい気持ちになってしまいまた。、全ての高校球児がこれからも野球を続けていきたい、もっと上手くなりたいと思えるような甲子園であって欲しいと願うばかりです。